Hot Yoga Life

ホットヨガに恋をしたアラサーがシンプルライフを都会のど真ん中で送るブログです

東京で一番安いLAVAの店舗はココ! 月1万円で毎日通える店舗

f:id:minolist:20160524062412j:plain

lavaに通いたいけど、ちょっと高くて無理。lavaは高いから、、、と誤解していませんか?

確かに都心の一等地は高いけれど、lavaは店舗によって値段が違うので、安いところも結構あります。

特に、赤羽店、巣鴨店、大塚店、笹塚店、成増店、野方店、亀戸店、東村山店、大井町店、青物横町店は安くて、フルタイムで買い放題プランの「マンスリーメンバー・ライト」が9,537円(税抜)と1万弱の値で買えます。

これはLAVAでの底値なんです。また、LAVA以外のホットヨガスタジオは多数ありますが、23区内で通い放題のプランを1万弱で提供しているお店って中々ありません。(人力調査なので、安い店舗に抜けがある可能性があり)

費用を抑えたい場合は最寄りの店舗や職場近く、通える距離にある店舗の月会費を調べてみるとお得な店舗が見つかる可能性も!! 一駅違うだけで2,000円前後変わったりするので注目してみてください。

⇒最寄り駅のスタジオの月会費を調べる

 

どうして月会費が違う店舗があるの?

同じメニューなんだから同じ価格で運営してくれたらなぁ、と思ったりもするのですが、やはり地価の高いところはお値段が高く、交通の便が良い店舗、設備が整っている店舗も値段が張ります。
こういったのはレッスンの内容とは関係ない部分なのですが、必要経費のため仕方がありません。

 

安いところでも質は平気?

LAVAの月会費の違いは上で書いた通り、地価や設備によるものです。

なので、他の店舗よりも安いからと言って、レッスンの質が落ちるなんてことは起きませんので安心してください。

だいたいの目安として、比較的地価の安いとされている23区外や笹塚、大塚、巣鴨などは山手線上、東京のど真ん中にあっても9,537円とLAVAの底値になっています。

 

プラスワン制度を利用すると高くなってしまう?

LAVAには全店通い放題のプランの他に、プラス1店舗という、2店舗同時に通えるシステムがあります。

職場と最寄り駅の近くの2店舗を利用できるようになれば、もっと手軽にLAVAに通えるようになりますからね。

しかし、この制度は月会費を高いほうに合わせるという仕組みです。

都心の一等地と底値の店舗では価格差が4,000円ぐらい生まれてくるので、気をつけてくださいね。申し込み時にはLAVAの方が説明してくださるので、間違えることはないかと思いますが、そんなシステムがあるんだぁ~、といった軽い気持ちで覚えておいてください。


LAVAの支払いは銀行引き落としのみ

LAVAの支払いは銀行口座からの引き落としのみです。現金で支払うことも、クレジットカード払いも出来ません。

通うためには銀行口座が必要で、ゆうちょ銀行も使えます。


ぶっちゃけLAVAの月会費って高くない?

月会費の価格については人それぞれの感じ方次第だと思いますが、私は安いなぁと思っています。

店舗によりますが、通い放題で一万弱を実現しているホットヨガスタジオってあまりありなく、一万円を切る月会費は都内にあるホットヨガスタジオのほぼ底値の月会費です。

フィットネスもしたい! ホットヨガだけじゃつまらない、と言うのであればカルドやジェクサーでホットヨガをしながらジムトレーニング設備の用意があるスタジオもありますが、専門的で、トコトン効果を追求しているLAVAに比べると、ちょっと物足りない感じがあります

 

LAVAに入会するなら、体験レッスン直後の申し込みが一番がお得

LAVAに興味を持ったら、体験レッスンを受けた後に、入会するのが一番お得です。

事務手数料費や入会費が無料になり、かつキャンペーンが開催されているタイミングで入会をすれば月会費もお得になります。

キャンペーンは季節がわりが多く発生します。春の~とか、夏の~とか、ちなみに今もキャンペーンが行われています。

6月30日までの申し込みで、3ヶ月間の月会費が2,870円(税抜)になるので、興味がある場合は今がチャンスです

⇒最寄り駅のLAVAスタジオの体験レッスンを申し込む