Hot Yoga Life

ホットヨガに恋をしたアラサーがシンプルライフを都会のど真ん中で送るブログです

ホットヨガに通って冷え性改善。今年の冬は寒くない!

 

f:id:minolist:20160118195928j:plain

冷え性にはつらい時期がやってきましたが、今年の冬はあまり寒くありません。ホットヨガの冷え性改善効果を実感しています。

いやいや、暖冬でしょ?と言う声が聞こえてきそうですが、私の手足は夏でも冷え切っているような頑固な冷え性でしたので、暖冬だとかは関係ないのです。

と言うわけで、今回は冷え性とホットヨガが冷え性に効く理由を語っていきます。

 

一般的な冷え性の原因

冷え性の原因はいくつかあります。

1.筋力不足
筋肉が動くと副産物で、熱が生まれます。そのため筋肉が多いと体温が上がりやすく、少ないと体温が下がりやすいとされています。

2.栄養不足
食物は消化されるときと、消化されたあと、エネルギーとして使用されるときに熱を発します。また、単に体温を上げるさいの燃料にもなります。熱を生みやすいのは肉や油、鉄分、亜鉛などです。偏食やダイエットなどで極端な食事制限をしているとこれらの栄養が不足し、新陳代謝が下がり、体温も上がりません。

3.血行不良
血が熱を運ぶと言われるほど、血流は体温調節に深い関わりがあります。
栄養素や酸素は血液に乗って筋肉や臓器、細胞に運ばれ、燃焼されています。血流が滞ると、燃料が届かなくなり、燃焼が進まず、体温を上げることが上手くできなくなります。

手足が冷えやすいのは、心臓から一番遠い位置にあるために、血が届きにくいからと言われます。また、手先足先の血管は細く、収縮してしまうと十分な血液が流れなくなり、冷えてしまいます。

4.自律神経の乱れ
体温調節を司るのが自律神経と呼ばれる神経系。自律神経は寒い場所では体温を維持するために、働き、暑いときには体温を放出するために働きます。

温度の寒暖差が激しかったり、気圧の変化、ストレスによって、自律神経が正常に働かなくなると、体温を維持するための機能が乱れます。すると血管の収縮弛緩運動が上手くできなくなり、血行が悪くなり、冷え性に繋がります。

5.筋肉の緊張(コリ)
長時間同じ姿勢でいたり、猫背などの不良姿勢によって、筋肉が固まってしまっていると、肩こりの原因になるばかりか、血管が圧迫され、血流が悪くなり、冷え性の原因になります。

 

ホットヨガで冷え性が治る理由

ホットヨガには上で上げた原因の内、2の栄養不足を抜かした、1.3.4.5の改善に効果が期待できます。 

 

LAVAの体験に申し込む

 

ホットヨガは効果的に体の柔軟性を上げ、血流を良くする。

血液は心臓の拍動によって、心臓から全身を巡りますが、それだけでは力不足で、もう一つ欠かせないポンプが筋肉です。筋肉は第二のポンプとして収縮・弛緩を繰り返し、血液の循環を助けています。

この収縮・弛緩運動は筋肉が柔らかいほうがスムーズに行われます。硬いとぎこちなく動き、血流が滞り、冷え性の原因になります。

固まった筋肉を解すには柔軟体操を行うのが効果的です。特にホットヨガは体の柔軟性を高める30~40度の室温で行います。筋肉には暖かいと弛緩する性質があり、暖かい呼吸を吸い込み、体の芯から体温をあげることで、高い柔軟効果が期待できます。

 

ホットヨガはインナーマッスルを鍛え、熱を生む

筋肉は熱を生むため、筋肉量が多いと、冷え性の改善に繋がります。

ヨガはインナーマッスルを鍛えるのに効果的です。体の内側にあるので、インナーマッスルの筋力が上がると、隣接している内部の器官(内臓や血など)が温まりやすく、おでんを食べると体の芯からポカポカしてくるような、効果が生まれて、体温が上がりやすいというメリットがあります。

また、柔軟を行いながら、筋肉に負荷をかけるため、通常の運動で身につく筋肉よりも柔らかく、しなやかな筋肉が身につきます。上記の血行を良くする効果も期待でき、冷え性の改善効果がより高まります。

 

ホットヨガは自律神経の乱れを整え、血行を良くする

寒いときに身体を震わせたり、暑いときに血管を広げたり、汗を流すのはすべて自律神経の働きです。

自律神経が乱れると、上手く体温調節が出来なくなるばかりか、血液のめぐりも悪くなります。さらに、自律神経が乱れると、筋肉の動きも停止。カチコチに硬くなり、冷え性だけでなく、肩こりの原因になります。

自律神経の乱れを整えるもっとも簡単な手段は呼吸とされています。ゆっくり吐いて、ゆっくり吸う。これを繰り返すことで、自律神経の乱れが整います。

また、自律神経の乱れの原因にはストレスがあります。

ホットヨガにはこれらを改善する効果があります。

大量の汗には不要にになった老廃物が含まれ、これが排出されることで、ストレスが減ります。ヨガ特有の呼吸法、高い柔軟効果によって、自律神経の乱れの改善が期待できます。 

 

ホットヨガは閉じた血管を再生させ、血行を良くする

血管の収縮が続くと、血流が悪くなるだけでなく、血管が閉じてしまうことがあります。また、冷え性の人の足先のレントゲン写真は毛細血管が絡まった糸のようにぐじゅぐじゅになっていることもあるそうです。

足先が慢性的に冷えている場合にはこういった毛細血管の異常が疑われます。

しかし、これは刺激を与えてあげることで、良くなります、

ホットヨガで体温が上がり、心臓の拍動が早くなると、血液を送る力が強化されます。レッスン中の臨時の効果ですが、これにより、閉じてしまった血管や迷路の血管に血が通り、道が再生され、続けていくことで、冷え性の改善が期待できます。